So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

アメリカからの便り・・・


ちょっと久しぶりの更新になりました。
一昨日、アメリカからメッセージカードが届いた。
子どもを通して、お友達になった家族がいるのだけど、
急にアメリカへ行くことに・・・。

旅立って、はや半年余り・・・。

最近は、ネットやラインなんかで連絡もしょっちゅう取れるし、
電話代だってかからない。
スカイプで顔もみながらおしゃべりできちゃう世の中・・・。

ポストに、エアメール。
なんだか、とても温かい気持ちになった。

ぬくもりが感じられたというか、そんな感じ。


無類の「がま」好き

気がついたら身の回りに「がま口グッズ」が溢れておりました。

がま口の財布、がま口のコスメポーチ、がま口のスマホケース、
ハンドバッグから、大きなバックまで!!

がま口のよいところは、パックリと開いて中をよく見渡せること。
使い勝手がいいんですよね~。
そして、かなり頑丈なとこです。
幼少のころ、七五三で持ったバッグが、まだ使えてますモン。

あ、そういえば昔から、ブランド品よりも、機能性を重視するタイプ。

次回、画像を載せてみます~。
タグ:がま口

西もなかちゃん

「西もなか」ちゃん。
とってもかわいくって見とれちゃいましたw

って、「西もなか」って?
「もなか」だよ、「もなか」

調べてみたら、自身のブログにバッチリ書いてありました。
「西もなか」食べれません。って。

本当に本名なんですって。
肝心な由来は、響きがかわいらしいから。だそう。


う~ん、はい。かわいらしいですww
ちょっとハーフっぽい。
これからブレイク間違いなしだね。

本名の「もなか」だけど、私だったら正直「もなか」とはつけない。
だって、幼少期にからかわれそうだし。

西もなかさんは、wikiにはのってないのね。
かわりに、A-PLUS(エープラス)という芸能プロダクションの
所属タレントとして載っています。

このA-PLUS(エープラス)には、ほかに
芹那さん、ほしのあきさん、AMOさん、DAIGOさんなどが所属している。


ニホンカワウソ 絶滅種 [ニュース]

国の特別天然記念物で「絶滅危惧(きぐ)種」とされていたニホンカワウソについて、
環境省が「絶滅種」に指定されたのって、数年前からなのだそう。

ニホンカワウソは、「絶滅危惧種」に指定されていたが、
30年以上にわたって生息が確認されていないため、
環境省では、絶滅の恐れのある野生生物を分類したレッドリストを改め、
ニホンカワウソを「絶滅種」に指定。

毛皮の採取を目的とした乱獲や、
農薬や家庭排水による水質の悪化などが理由として挙げられるらしい。

昔は暮らしやすかっただろうに。
自然動物も安全に暮らせなくしているのは、
まさに私たち、人間なんだなぁ。

ニホンカワウソは、高知県で最後に目撃されて33年になる。
1979年6月に高知県須崎市の新荘(しんじょう)川で写真撮影されたのを最後に、
確実な生息状況が把握されることはなかったのだそう。

今は、どうしているんだろう。
自然に繁殖できているんだろうか。

「清流のシンボル」とも言われ、
豊かな自然環境が残る証しとされてきた固有種だけに、
「どうして絶滅を招いてしまったのか」との声も。

なんだか複雑な気持ちだ・・・。

オートキエール?? [雑記]

オートキエールとは、嘔吐処理剤のこと。
この、オートキエールなるもの、とっても優れものなんですっ!

嘔吐物にふりかけると、水分をサっと吸収し、サラサラの状態に。
いわば固形物にしてくれるものです。

オートキエールのおかげで、飲食店や駅員さんなどに重宝されているそうな・・・。

うちには、娘が二人いるので、時々「ノロウィルス」(嘔吐下痢症)をもらってくることがあります。
あれって、すごい感染力なんですよ~。
今までは、ハイターやエタノールで消毒して一苦労だったけど、
この、オートキエールを知った今では、早めに購入して備えておかねば!!と!
・・・さっそく検索

オウトロック



ネーミングは違うけど、用途は同じもの。
この「オウトロック」というネーミングが、なんとも微妙。
ってか受ける(笑)


前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。